大学生の頃に行った筋トレの講義計画

ぼくは学徒の頃に筋肉を付けるために、多くの筋肉発展を通じて来ました。

たとえばお風呂に入ってる時は「銭湯の中で秘訣をグーパーグーパー」をしました。お湯の中で秘訣を切り回すって、普通にグーパーグーパーするよりも、筋肉を使うので効力が極大なのです。

こういう発展の良い所は、汗をかいても銭湯の中間なので、ついでに汗を洗い流せるという事です。しかも終わって疲れたら、お風呂でポーズできるのも良いですね。

他の筋肉発展手段として行ったのは「物干し竿で懸垂」だ。物干し竿は案外堅固でして、ぼくは望ましく物干し竿に捕まって懸垂を通していました。

これは逐一、公園や授業の鉄棒まで行かないで懸垂が出来るのでとてもコンビニエンスでした。ただし、物干し竿の種類によっては、もろいのもあるので他の人には推奨できないだ。

たまたま私の家屋の物干し竿は堅牢だったので出来ましたが。

そうしてぼくは筋肉発展が終わったら、プロテインを飲んでいました。プロテインはとても苦くて、粉を水で割ったりおっぱいで割ったりして飲み込む物質でした。

プロテインはあまりにもテーストが合わなかったので、すぐに挫折しました。取り敢えず筋肉トレーニングした後には、スポーツドリンクが一番美味しかっただ。介護プランを立てるのがケアマネージャーの仕事の1つ